相続において小規模宅地等の特例を受ける際の書類とは

相続に関して相続があった場合には相続税を納める必要があります。
また特例や控除などを受けた場合に相続税を支払う必要がなくなったとしても必ず相続税の申告は行わなければいけません。
相続税の支払いが生じた場合にも相続税の申告を行った際に一緒に相続税の納付も行うべきなんですね。

相続税に関して特例として控除を受けられる内容についてですが、小規模宅地等の特例というものがあります。
小規模宅地の特例に関しては相続する際に被相続人が居住用や事業用として使用されていた土地を相続する場合に、それにおいて発生する税金を減額してもらうことができるという制度になっています。
特例として定められていますが、一定の条件に対して当てはまればその特例を受けることができますので、受けられる場合は必ず受けるようにするべきなんですね。
相続税は重くのしかかってきますから、減額できるのであれば必ずしておくべきです。

また相続税に関しては申告制になりまして、被相続人が亡くなったことを知った翌日から10か月以内に税務署に対して申告をする必要があります。
そしてその申告の際に同時に納付も行う必要があります。
そして小規模宅地等の特例を受ける場合にはこの申告の際に申告書に小規模宅地等の特例を受ける旨の記載を行います。
そして必要書類をそろえて提出することとなります。

では小規模宅地等の特例を受ける際の必要になる書類にはどういったものがあるのでしょうか。
まず一つ目に相続開始の日から10日を経過した日以後に作成された被相続人のすべての相続人を明らかにする戸籍謄本、そしてまた遺言書の写しもしくは遺産分割協議書の写し、それから相続人全員の遺産分割協議書に押印したものの印鑑証明書、そして申告期限内に分割ができなかった場合には申告期限3年以内の分割見込み所があげられます。

また特定居住用宅地等に該当する宅地等の場合には必要な書類はほかにもあります。
それが住民票の写しです。
また他にもケースによっては相続の開始の日以後に作成された戸籍の附票の写し、相続開始前3年以内に居住していた家屋が自己または自己の配偶者の所有する家屋以外の家屋である旨を証明する書類が必要になることもあります。
特定事業用宅地等に当てはまる場合、一定の郵便局者の敷地の用に供されている宅地等の場合であれば、総務大臣が交付した証明書が必要となります。
他にもケースバイケースで必要となってくる書類もありますので事前にどういった書類が必要か確認しておきましょう。