相続人が受けられる小規模宅地等の特例について

相続することとなったら今まで知らなかったことが一気に降りかかってくるのでわからないこともたくさんあるとして悩む方もたくさんいらっしゃることでしょう。
特に相続することとなった場合に驚かれることが相続税です。
相続をして遺産を引き継ぐ場合でも相続税と呼ばれる税金の支払いが発生することとなるのです。

相続税の支払いにおいて多額の支払いが出てくると大変ですよね。
そこで相続税の税額を軽減してくれる、また減額してくれるような特例の制度などもありますのでその中でも最も重要であるともいえる小規模宅地等の特例についてご紹介していきたいと思います。
相続人の方がぜひ受けるべき小規模宅地の特例なのでしっかりと手続きを行って受けるようにしてください。

亡くなった被相続人が所有していた、相続直前まで使用されていた小規模宅地に関して、それを遺産として相続する場合にある一定の要件を満たすのであればその課税評価額を減額してくれるという制度となっています。
居住用として使用されていた土地に関しても、また事業用に使用されていた土地に関しても同じく条件に当てはまれば減額を受けることができますので、大きい特例になります。

土地を相続する場合これから先暮らしたり、また事業を受け継いでいくにあたって非常に重要となってくるものでしょう。
これからの生活において大きな生活の基盤となるものですから、それに対して大きく税金がかかってしまうと支払う金額が大きくなり、残された遺族として生活をしていくうえで大変な思いをすることとなってしまいます。
ですので申告をするようにしてください。

またこの小規模宅地等の特例を受けることができる土地であるかどうかの確認、一定の条件についてなのですが、確実に被相続人または被相続人と共に生計を立てていた家族、つまり生計一親族の事業または居住の用に供されていた宅地等であり、またその宅地等が建物または構築物の敷地であることということが条件となります。
この条件に当てはまれば基本的にはこの特例を受けることができる権利を持つことになります。
ですので、例えば住んでいた自宅、また会社を興している場合はその土地などが小規模宅地等の特例の適用となるものとして当てはまることになるでしょう。

一般的に多いのが居住用の自宅ですよね。
これから住んでいくうえで生活の大きな基盤ですから、税金はかからないに越したことはありません。
できるだけ税金がかかってくることがないよう、しっかり申告をしましょう。