相続における小規模宅地等の特例の可否について

相続する際において相続税がかかる金額としては少ない方がいいですよね。
少しでも少ない税額にするためにも受けられる特例はしっかり受けるようにしましょう。
小規模宅地等の特例という特例の制度が法律で定められていますが、その法律で定められている小規模宅地の特例に当てはまるかどうかを確認するのであればある一定の条件に相続を行う宅地等が当てはまっているかどうかを確認する必要があります。
小規模宅地等の特例の可否についてはその条件に当てはまるかどうかが重要なポイントとなってくることになります。

小規模宅地等の特例とは土地の相続に関して関わる相続税の控除制度になります。
亡くなった被相続人が所有していた土地があったとします。
その条件としては相続が開始する直前まで居住用または事業用として供されていたということがあげられます。

その土地の価額すべてに対して税金が課されるとなると多額の税金の支払いが発生することになります。
ですが小規模宅地等の特例に当てはまればその分控除してもらうことができますので税金の支払いを少なくすることが可能です。
ですが小規模宅地の特例に当てはめるためには必ず申告を行う必要があります。
申告は被相続人を管轄する税務署に対して申告を行う必要があるのですが、申告書にその旨を記載してまた必要な書類を添付して申告することとなります。
その際に万が一条件に当てはまらないという場合には不可になるということになります。

当てはまるかどうかわからない場合には税理士さんや司法書士の方などに相談してみるのもいいかもしれません。
もちろん税務署でも相談に乗ってもらうことも可能です。
必要書類の添付に関しても事前に必要となる書類を用意しておく必要がありますから、事前に準備をしておくと申告等の手続きもスムーズにいくことかと思います。
国税庁のホームページにも可否に関することが掲載されているので参考にするといいかもしれません。