小規模宅地の特例の相続例に関して

遺産を相続する際にて様々な計算を行ったり手続きをとったりする必要性があります。
亡くなった方の所有している金銭的価値のある財産において、その財産を譲り受けるのであれば、取得することになり税金が課されることになるでしょう。
その課される税金としては相続税と呼ばれていますが、相続税を減額するために様々な特例措置があります。
申告をすることで減額等を受けることができるのですが、知らなければ申告をすることができませんよね。
ですので知識として知っておく必要があります。

特に大きくかかわってくる特例ということで小規模宅地の特例と呼ばれる特例があります。
その特例に関してですが、分かりやすく相続例を説明しましょう。
例えば居住用として亡くなった方が住んでいた家を相続することとなったとします。
ではその相続することとなった家が建てられている土地に関しても税金はかかってきてしまうんですね。
土地を相続するということでそれに対する相続税が発生します。
ですがその相続する土地が条件に当てはまれば相続税を減額してもらうことができます。

限度面積として330?以内であることと決まりがありますが、330?以内の土地だったとしたらその土地の価額全部に軽減の割合がかかることになります。
ですので例えば330?以内の土地の価額が3000万円だったとします。
その土地の価額の80%が軽減されるということになりますから、3000万円の80%、つまり2400万円が課税の対象外となるということになります。
この80%という数字は非常に大きい数字ですよね。

また例えば事業用として駐車場や賃貸マンションなど貸付に利用している土地があったとします。
その場合にも限度面積や限度割合額は違ってきますが、対象となる限度面積の分の中から限度割合の分が課税対象外となります。
ですので大幅に相続税を軽減させることができるといえます。

相続する金銭的価値のある財産の金銭的価値が大きければ大きいほど課税される納付すべき税額は大きくなってきてしまいますから、必ず控除等の申告は行うようにしましょう。
申告に関しては申告制ですので、被相続人が亡くなったことを知った翌日から10か月以内に税務署に対して申告と納付を行う必要がありますが、その際に同時に控除等を受ける旨を申告書に記載して申告することとなります。
10か月を万が一超えてしまった場合でも再度申告できるケースもありますのでそれについては一度ご相談してみてください。